領土がおどろくほど小さい「ミニ国家」で打線組んだ

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/03(火)11:55:12 ID:S1w
1(二)モナコ
2(中)ナウル
3(三)ツバル
4(一)バチカン
5(左)マルタ
6(遊)サンマリノ
7(右)シンガポール
8(捕)アンドラ
9(投)リヒテンシュタイン

ミニ国家

ミニ国家とは、規模の非常に小さい国家のこと[1]。極小国家、微小国家、マイクロステートなどともいう。国際連合の1967年の年次報告では、「領土の面積、人口、人的・経済的資源において例外的に小さい実在体」と表現されている[2]。主に領土や人口に着目した国家分類であり、経済力を指標とした下位国家については後発開発途上国として、概念上区別して扱われる。

ミニ国家は領土が小さいながらも「国家」として体制を維持し存立し得る理由として様々な基盤をもっている。そもそも国家の基本となる領土・人口が少ないにもかかわらず国家として成立し得るということはそれなりの理由があり、「ミニ国家」=「貧しい国」ということではなく、むしろ人口が少ないことも相まって、国民1人あたりの経済力でみれば世界有数の富裕国である場合さえある(例えばモナコやシンガポール)。

一方、西アフリカ地域、太平洋島嶼国家など、そのような特徴的な基盤をもたずにミニ国家として成立している国もあり、その場合は経済的困窮にあえぐ国家もある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニ国家
ナウルとかいうやべー国
http://world-fusigi.net/archives/9051505.html

引用元: ミニ国家で打線組んだ





続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする